読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフト楽しい!

ドリフト好きな管理人がドリフトについて思うことや車について思うことを日々であった面白いことなどを書き綴っていくブログです。

モーターランド三河 攻略ドリフト

サーキット攻略 ドリフト

スポンサーリンク

モーターランド三河 

はい、どうも管理人のりゅたんです。今回はモーターランド三河の私なりのドリフト攻略を書いていこうと思います。

 

 

目次

 

モーターランド三河紹介

モーターランド三河Aコース Bコース Cコース 

AコースとCコースをつなげたフルコースとあります。

A,Bコースは1週およそ800m Cコースは400m

コース幅は10~15mとちょっと狭いです。

ストレートは250m 

 

コース図はこのようになっています。

 

 

f:id:ryuutantantan:20170212004954j:plain

今回はA.Bコースのドリフトに絞って書いていきます。

Aコース

 

Aコースある程度ドリフトできる人なら簡単なコースと言えます。

ただドリフトで全コーナードリフトするだけなら簡単なんですがカッコよくドリフトさせようとすると攻略のしがいがあるコースになります。

Aコース進入

 

まずは1コーナー!ここはロングサイド 逆フリ進入 3発進入のどれかになります。

初心者の人は無理せず ゆっくり目でサイド進入が無難です。

カッコよくドリフトするならロングサイドです! ピットが切れたあたりから3発進入する人いますがあれはカッコよくないです。

最終コーナーからつなげての3発ならカッコ良いですが馬力がある程度ないと無理です。

 

f:id:ryuutantantan:20170217180655j:plain

ロングサイドで進入するときの目印としては赤い丸あたりの左側の土手の始まるあたりです。

土手が始まるあたりから振り出す感じで一気にロングサイドで行きましょう! 最終コーナー立ち上がってきたらアクセルは当然 全開!

車のパワーによって振り出すポイントは前後するのであなたの車でのポイントを見つけましょう。

モーターランド三河は1コーナーに向けて上り勾配になっているので勢いよく行かないと届かない場合が多いです。

 

ロングサイドで振り出すときも右から左に過重を行い一気に振り出すのがポイントです。縦引きでロングサイドより過重移動を利用してのロングサイドのほうがカッコ良いです。(失敗すると左の土手に乗り上げますから注意してください。くれぐれも無理はしないようにしてください)

当然 ロングサイドなんでタイヤにフラットスポットできますしタイヤの消耗激しいですので練習するときは割り切ってやることをおすすめします。

 

逆フリ進入する場合はシグナルタワーが振り出しの目印になります。ここも車のパワーによって変わるのでシグナルタワー基準で振り出しポイントの位置を変えてください。ここも振り返して行き過ぎると左の土手の餌食になりますので注意してください。

 

3発進入はピット前のガードレールがなくなる広いスぺースを使って振り出す人が多いです。3速でのドリフトに慣れていない人はここで練習すると良いです。ちゃんと車速乗せて3発進入すると1コーナーまでドリフトの飛距離を調整しないと行き過ぎで苦しいラインになります。

言い換えれば余裕があるラインどりになるんでクラッシュする確率は低いです。

f:id:ryuutantantan:20170217183656j:plain

わかりにくくて申し訳ないですが極端に書くとこんなラインになってしまいます。

モーターランド三河の1コーナーはギャラリーからもあまり見えませんし大会で審査コーナーになることも少ないのでそんなにはりきって練習している人は少ないですw

 

Aコース1コーナーから最終手前まで

1コーナーから最終コーナーの手前までのポイントはいかに車速を殺さないでいけるかです。できるだけ早めに振り返しクリップにちゃんとつく!できるだけ直線的にドリフトするのがポイントです。

 

f:id:ryuutantantan:20170217184741j:plain

ライン取りのイメージとしてはこんな感じ。1コーナー立ち上がりはできるだけ角度減らして前に進める感じでドリフトしましょう。NAとかで最初の振り返しまで続かないならあきらめて車速を乗せたほうがカッコ良いです。

ゼブラのあるところのクリッピングポイントを意識してドリフトしましょう。 ここを意識しないでドリフトするとドンブラなラインのドリフトになってイマイチです。

 三河を走り込んでいる人はみなここでの車速を乗せるのがウマイです。

赤い丸のあたりで車速が乗りすぎてラインが苦しくなりドリフトの車速を殺してしまうのが良くあるんですがここの処理仕方も腕の差がでます。

調子よくドリフトしてきてここでスピード調整のためにフットブレーキ使うと車速が落ちすぎます。ドリフトを問題なく続けることはできますが早いドリフトする人と一緒にはしると違いが顕著にでます!

ですので赤い丸のところはちょっと右フロントタイヤだけでも

インカットしてドリフトするのもありです。

f:id:ryuutantantan:20170217191200j:plain

次のコーナーへのアプローチは早めに車の向きを変えていかにトラクションかけて前に進めるかです。

振り返した後は(赤いライン)車を縦に進める意識で良いと思います。

Aコース最終コーナー

一番のギャラリーコーナーである最終コーナーここは小さく回るとカッコ悪いので大きく回りましょう。

最終コーナーのポイントは最終コーナーへのアプローチになります。

最終コーナードリフトしながら振り返して入っていくことになりますがこの振り返しをいかにパキンと早く振り返して奥に飛ばすかがキモになります!

よく言われるアクセルオン返しで最終コーナーにはいれるかどうかになります。

f:id:ryuutantantan:20170217202458j:plain

理想なライン取りは2パターンあり立ち上がりのインクリップを取る場合とアクセルを踏める迫力を出すラインです。

大会の審査員にの求める基準によって変わってきますのでどちらでもドリフトできるようにしておきましょう。

クリッピングポイントは水色の丸のところになります。アウトクリップは黒い丸のところです。

最初の水色のクリップからアウトクリップである黒い丸まで通ろうとするとなかなか難易度高いです。最初のクリップはあまり意識しないほうが上手くいきます。

 

アウトクリップである黒い丸はコース図だとわかりにくいですがコースがちょっと広くなっている切れ目が始まるあたりです。(どうしてもわかりにくかったら管理人にメールください)

 

アウトクリップ飛んでいくと2個目の水色のクリップとれないという人はアプローチでの振り返しがダルイというパターンが多いです。

振り返しで早く車の向き変えないとアウトを通ってインに寄せることできないです。インによって立ち上がりながら外にいくことができません。

f:id:ryuutantantan:20170217211625j:plain

角度が足りない時のアウトクリップの時の車の向きが黒色

成功している時は赤い色のイメージだと思ってください。

 

いかに早く車の向きを変えるかがポイントです。

 

オン返ししようとすると奥にコースアウトしそうで怖いという人は振り返す場所を手前にしてください。

自然とオン返しに近い形になります。

 

最終コーナー立ち上がりはアウト側のガードレールに寄せていくだけですができるだけ遠くでガードレールに寄せるようにするのがカッコ良いドリフトになります。

ガードレールに早い段階でよると止め切れずに流されているようにしか見えません。 ガードレールに平行するように寄せていきましょう!

 

Aコースはこんな感じです。三河モーターランド エスケープないか狭めなんでクラッシュには気をつけて。

 

 

Bコース攻略

Bコースの攻略にいってみたいと思います。

 

1コーナーはAコースと同じです。 ですので省きます。

 

 

f:id:ryuutantantan:20170217214244j:plain

コーナーの番号あっているのかわかりませんが番号ないと説明しずらいのでこれで行きます。

Bコースのメインは3から4コーナーにかけてです!

3コーナーのクリップは絶対取ってください!クリップとれないと4コーナーまで届きません。

2コーナーはグリップで走ってしまいましょう。スピードを乗せないと3から4コーナーが上手くドリフトできないです。かなりハイパワーな車なら3発できます。

 

Bコースのキモとなるのは3コーナーへの進入の仕方です。 車速があるというのは大前提でタービン交換車だと逆フリ進入になります。シルビアノーマルパワーならアクセル全開からのサイドで良いです。

三河にいったことある人はわかると思いますがBコースの進入は大会での審査席やギャラリーからは見えないのでドリフトのきっかけはなんでもよいです。

 

思い切りアウト側から振り出して3コーナーのクリップ目指しましょう。

左リアがダート落ちそうなぐらいで良いです。

 

ここで車速とエンジンの回転が足らないと4コーナーまで届かないのでエンジン回転が足りないときはクラッチ揉むなり蹴るなりしましょう。

 

そして3コーナーのクリップに対してアクセルを踏みながら入っていきます。

アクセル踏みながらでないとカッコ良い走りになりません。

 

3コーナーのクリップついて出てきたときに車体の左のドアがギャラリースタンドから見えるぐらい角度つけれればベストですがあまり無茶しないようにしましょう。 Bコースはアウトに突っ込んで横転する確率高いコースなんです。

 

 

後はアクセルコントロールしながらアウトぎりぎりまで車のケツを寄せて4コーナーのクリップついて立ち上がっていくだけです。

 

4コーナーまで長めにサイド引いて飛距離伸ばさないと届かない人は車速が足りていないです。(少しならサイド引いてもOKです。)

 

4コーナーのクリップついたらアウト側のガードレールに車体平行になるように寄せていけば良いです。

 

Bコースは3コーナーの進入で8割決まってしまいます。そしておそらく一番クラッシュ率高いのも3コーナー近辺だと思います。

 

車速早すぎか振り出しポイントが遅くてクリップはずして外にコースアウトする車をよく見かけます。くれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

Bコースは以上になります。

 

最後に

モーターランド三河は ドリフトに向いているコースだと思います。

2速メインでクラッシュしにくいAコース 追走の練習にも向いていると思います。

なかなか難易度の高いBコース 車速がもの凄い乗るというわけではないのですが繊細な車のコントロールを求められるBコース。

今回は書きませんでしたが本当ビギナー向けのCコースと色んなパターンを楽しめるサーキットです。

 

今回のこのドリフト攻略はあくまで私個人の見解ですのでご注意ください。いや違うだろとか思った人コメントかメールしてください。

その通りと思ったら秒速で修正いたしますww