読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフト楽しい!

ドリフト好きな管理人がドリフトについて思うことや車について思うことを日々であった面白いことなどを書き綴っていくブログです。

ドリフトをやり始めたきっかけ!(体験談)

ドリフトで思うこと!

スポンサーリンク

ドリフトに興味をもったきっかけ!

f:id:ryuutantantan:20170202225643j:plain

 

突然ですがこのぺージを見ているあなたはドリフトに興味があるかドリフトやっているかどちらかですよね。

ドリフト初めて練習してからもう20年以上たちました(10年以上休止期間ありますけどね。ふと友達としゃべっていたら思い出話になり懐かしくなったのでドリフトに興味をもったところからいままでを振り返ってみたいと思います。

 

ドリフトを生で初めて見たときの衝撃!

 

当時R32のタイプMを購入したばかりでウキウキしていたときでした。(当時からスカイラインが好きでR32は何台か乗り継ぎました)

友達に某埠頭にいけばドリフトとゼロヨンやっていると教えてもらい見に行ったのがドリフトの世界に引き込まれるきっかけでした。

 

某埠頭に到着するとたくさんの車がドリフトしています!FCがS13 S14シルビアがメインでしたね(当時S15はまだ販売される前でした)Z32とか今では見かけることほぼなくなった車でドリフトしている人もいました!

初めてドリフトみたときの衝撃はいまでも良く覚えています。車って乗りこなせればあんな不思議な動きができるんだ!

 

その当時はストリートドリフト全盛期のころで朝までドリフトギャラリーをしてしまいました。

そして当然 自分もドリフトやってみたい!

と考えるわけです!

初めてのドリフト!

初めてドリフト練習したのは今はなき岐阜県にあるYZサーキット本コースでした。 その時の仕事は休みが不定期だしたので平日にサーキットいって台数の少ない時間狙って練習してました。

YZサーキット本コースはこのときオープンしたばかりでロングコースは存在せずショートコースのみでしした(ローカルなネタでスイマセン!)

当時はわかっていなかったのですがサーキットなら安全でクラッシュはしないだろうとなんの根拠もなく思っていました!

そんなわきゃないです! YZサーキットこの後 何度もコース改修して安全度は上がっていくのですが(それでも後にできたロングコースはかなりデンジャラスなコースでした)オープンしたてのころは一番スピードが乗る1コーナーでコースアウトすると即タイヤバリアとお友達になれるコースでした!

 

このコースで初めてのクラッシュを経験することになるんですがおバカさんな私は何回も1コーナーのタイヤバリヤに突っ込みましたねぇ。

スピンして後ろからクラッシュしたときノーマルシートも壊れたんですよ。

後ろ向きクラッシュした瞬間ノーマルシートの背もたれがバキバキという音とともに後ろに勝手に倒れました!友達が助手席に乗っていたんですが友達も同じ状況でした。

クラッシュして止まった次の瞬間に見えた景色が車内の天井というのはシュールな光景でしたよ!

それでも懲りずに修理して直った1週間後にはまた同じところで同じようにクラッシュしてました!学習能力がなさすぎです!

 

そして10年ぶりにドリフト復活してまた同じところでクラッシュしてER34廃車にしてます・・・・

 

まあそれはさておき色んなところでドリフトしましたね。ちょっとここでは書けないところでドリフトしていたこともありました!まぁ昔の話なんで時効ということにしておいてください。

 

最初はドリフトのきっかけでサイドブレーキ引くのにクラッチ踏まないといけないとかも知らないぐらい手探りでしたね。周りにドリフトやる人もおらず友達とやりかた研究しながら練習していました。当時のビデオオプションが唯一の先生でしたね。ある程度ドリフトできるようになるまで完全に独学でした!今のようにネットがあるわけでもなかったので今の時代に比べると最初は苦労しました。

ある程度ドリフトできるようになったらすごい楽しかった!

それなりにどこでもドリフトできる腕とチューニングしてドリフトしやすい車できあがってくると楽しかったですね!いろんなドリフトスポットやサーキットいってドリフトを楽しみました。

27歳の時に結婚を機にドリフト一度引退したのですがドリフトの楽しさが忘れられず今 またドリフト再開しています。 一度身についたものは10年たっても忘れないものなんですね。10年ぶりでも以外とドリフトできましたよ!10年という月日がチューニングパーツを進化してきたというのも大きいですけど何はともあれ、今、とても楽しいです!

復活して4年たちましたがまだまだドリフトできる範囲で良いので続けていきたいですね。