読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフト楽しい!

ドリフト好きな管理人がドリフトについて思うことや車について思うことを日々であった面白いことなどを書き綴っていくブログです。

ドリフト初心者こそサーキット走りましょう!

スポンサーリンク

ドリフト初心者こそサーキット走りましょう!

 

f:id:ryuutantantan:20160524223546j:plain

 

 

もう2か月ぐらいサーキット走っていない管理人のりゅうたんです。

そろそろサーキットが恋しくなってきました。

 

 

 

まぁそれはさておきドリフト初心者こそサーキット走りましょう!

 

初心者向けの広場の練習も大事ですが、初心者でもサーキット走れば良いのです。

 

 

 

 

 

広場で定常円や8の字がある程度できるならサーキット行ってドリフトの練習すればOKです。

 

 

 

8の字とかを完璧にできるようになってからサーキットデビューします!

というドリフトビギナーの人いますが別にその前にサーキット走ってOKです。

 

 

極端な話ではありますが定常円なんとかできるんならサーキットで練習して得るものたくさんあります。

 

 

 

コーナー侵入するときのドリフトのきっかけやコーナーにたいするラインのとり方。

 

ドリフトしているときの目線の持っていきかた等、パイロンコースでは理解するのが難しいことがサーキットではすぐ体感できます。

 

 

スピードに慣れる必要もあります。 絶対的なスピードがサーキットでは違うのでスピードに慣れないといけません。

 こればかりはサーキットを走ることでしか養えないです。

 

 

 

 

サーキットは上手な人達ばかりで気後れする気持もわからなくないですがそれなら 走行会に初心者クラスで参加すればよいだけです!

 

初心者クラスならワンコーナードリフトできるかできないかぐらいの腕の人ばかりなんで初めてサーキット走る人でも安心してドリフト練習できます。

 

 

 

サーキットによってはフリー走行もありますから積極的に行ってみましょう!

サーキットでできなかったことを広場の練習で復讐すれば上達するのも早いです!

 

 

 

サーキットフリー走行行くと隅っこのパドックで小さくなってる初心者いますけど気にせず堂々としていれば良いんです!

 

誰だって初めての時ありますしサーキットでガンガンにドリフトしてる人達だって初心者の時当然あったんですから初心者に邪魔だなぁなんて思う人は少ないです!

 

 

そんな人はやっぱり回りから嫌われるタイプの人ですからほっておきましょう!

 

 

クラッシュには気をつけてドリフト楽しんで練習しましょう!